カテゴリー別アーカイブ: 太陽光発電

太陽光発電の仕組みは?

太陽光発電は、太陽電池(ソーラーパネル)を利用し太陽からの光エネルギーを電気エネルギーにする発電方法です。

太陽電池はプラスを帯びやすい半導体とマイナスを帯びやすい半導体をつなぎ合わせたものでできていて、そこに光エネルギーが当たることで半導体のプラスとマイナスの電子が動き、電気エネルギーが発生するという仕組みです。
この電気エネルギーが発生することを光起電力効果といい、太陽光が当たり続ける限り発電し続けます。
太陽光発電は、太陽電池(ソーラーパネル)を利用し太陽からの光エネルギーを電気エネルギーにする発電方法です。

太陽電池はプラスを帯びやすい半導体とマイナスを帯びやすい半導体をつなぎ合わせたものでできていて、そこに光エネルギーが当たることで半導体のプラスとマイナスの電子が動き、電気エネルギーが発生するという仕組みです。
この電気エネルギーが発生することを光起電力効果といい、太陽光が当たり続ける限り発電し続けます。

太陽光発電とは その仕組み