カテゴリー別アーカイブ: 電気

電子ブレーカーに変えるのに予算はどのぐらい?

電子ブレーカーに変えるために必要な予算は、買取契約の場合とリース契約の場合で変わってきます。買取契約の場合は、業者にもよりますが50万円程度の予算を考えておくと良いでしょう。
リース契約の場合は、初期費用は無料です。この契約を結んだ場合の月々の支払い金額は、6千円台くらいで7年間この契約を結んだ場合は買取契約と同じくらいの予算となります。
買取契約・リース契約のうちどちらがお得かについては、一概にいえません。買取契約のほうが初期費用は高いものの、リース契約のように更新するかどうかを考えなくてよいメリットがあります。ただ、月々の支払いを安く済ませたい場合にはリース契約の方が良いといえます。
電子ブレーカー

電気基本料金は下がらないと思っていないですか?

電気基本料金は下がらないと思っている人がけっこういますが、そのようなことは決してなく電気ブレーカーを取り付けるだけでもコストを下げることが可能です。 株式会社ネオ・コーポレーションでは魅力溢れる電気ブレーカーを沢山販売しており、初期費用もかからないので評判はとても良いです。 また成約1件以上の紹介で25000円以上の豪華賞品をもれなくもらえる紹介キャンペーンを行っている点も大きな魅力で、株式会社ネオ・コーポレーションに注目している人が沢山います。

ネオ・コーポレーション

電気料金の見直しに出てくる新電力とは何か?

電気自由化が開始されてから3年が経過しましたが、まだ見直しをしていない人にとっては新電力という名前が得体の知れないイメージを抱かせるかもしれません。新電力とは従来の電力会社以外の電力供給会社のことで、電気自由化に伴い新たに参入することが出来るようになりました。例えばプロパンガスの会社やガソリンを供給する会社などがその一例です。自社の工場等で発生する電力を他者に提供することが出来るようになり、続々と新規参入が相次ぎました。

新電力

企業で固定費を見直すのにまず大切な事は?

企業が固定費の削減を図りたい時には、数値として結果が出やすいのが電気代です。一番消費するエアコンは温度管理を徹底して、夏場は冷やし過ぎず、冬場は暖め過ぎない適度な温度にすることが大切です。特に広いオフィスでは、社員皆の意識の統一を図って取り組めば大きな成果をあげられます。空調以外では、LED照明の導入も有効であり、最近では自家消費型太陽光発電という選択肢もあります。これは蓄電池との併用も可能です。

高圧電力